髪の毛のダメージによって想像以上の悩みに

10代のころは、毛髪の量の多さに悩んでいました。さらに剛毛なのでスタイリングがしにくい状態でした。しかし、20代を過ぎて社会人になり、仕事のストレスが多い毎日を送っていた時に、ふと自分の髪の量の少なさに気づきました。

髪の長さの違いだろうか、とも思いましたし、10代のころの扱いにくかった髪に比べたら喜ばしいことなのではないかとも思い、特に気にしないようにしました。しかし、髪を洗う際や紙に櫛を通す際に、驚くほどの抜け毛があることに気づきました。

毎日洗うたびに毛がごっそり排水溝に流れ、髪をとかすたびに毛が抜けている。この状態はおかしいと思いました。このままの状態だと、将来は髪がなくなってしまうのではないかと思い、対処法を見つけることにしました。

まずは、シャンプーやリンスの見直しをしました。今までは香り重視で、成分などの髪の栄養まで気にしていなかったので、美容雑誌などの情報を集めて、髪にダメージの受けやすい成分が入っていないもの、ネットの口コミも参考にして、なるべく効果が高いものを厳選しました。

また、頭皮のマッサージも朝晩問わず行うことにしました。頭皮を柔らかくすることは毛髪にも良い影響があることを期待して、日常に取り入れています。

髪のダメージは想像以上

10代の頃、毛髪の量の多さと、剛毛な自分の髪にうんざりしていたので、よくストレートパーマや縮毛矯正を繰り返していました。ただ、学生の頃はあまり高い金額をかけられないため、金額の安い美容院を利用したり、市販のストレートパーマの液を使用したりすることを繰り返していました。

当然、髪はみるみるダメージがでました。毛先のパサつきや、ストレートにしたのにすぐに広がる髪になっていきました。

このままでは、せっかくストレートにした髪がきれいに見えない、と考え、対処法を見つけることにしました。長年のパーマによるダメージを補修するため、トリートメントを取り入れました。近頃は、自宅でも本格的なヘアパックもできるものが販売されているため、日常に取り入れました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です